内藤 努のSweet Streamのエントリーアーカイブ

2017 Sweet Stream VOL13

熊谷店 内藤

 

時はちょうど一月前の19日栃木最終日と群馬は明日で禁漁というところ・・・・

 

川の選択に一番悩ましいところで不安と期待との交錯で気持ちが落ち着かないのもこの時期良くあることです。

 

そおはいってもやらねばという気持ちでおそるおそる川に立つことしばし。

 

せめて良い条件で竿を出せれば例え結果が悪くても諦めがつくのであります。

 

さて、向かった先は自分なりにここ最近期待値が高いところに照準を定めます。

 

とにかく良いヤマメが1本出てくれればと祈りながらの入渓。

 

斜面を滑るように降りていき。やっとこさ河原について一投目、ベイルを返すと嫌な感触・・・・・

 

カーディナル使いの方なら一度は誰しも経験があると思うんですけどバネがの弾力が効かなく抜けた感覚。

 

案の定ベイルの戻りがスローに(笑)

 

やれやれ。先が思いやられますなあ・・・・・・腰を下ろし直しますか!?

 

と思いきやスペアのバネがまさかの~ボックスにない!!

 

上を見上げ斜面を登り車に戻りリールをチェンジ!!

 

再び斜面を降りてもう一度入渓、まだ1投もしていないのに余計な事に時間をとられるとリズムが狂う。

 

9月の川はやはりどこもかしこもプレッシャーを感じる。すんなり魚が出てくれないしチェイスもどこなくおびえてる。そんな姿を見せられると今日も厳しそう。

 

陽が高くなってようやくヤマメが口を使ってくれる。それもイージーには出てくれない。

 

川を変えようか何度思ったことか。

 

結局9月はいつかドカンと出るだろうと信じて通したけど!?今回も厳しい結果となりました。

 

それでも秋らしいヤマメはちらほらと・・・・・・

 

文頭に書いたようにまずまずの条件でがっつりやれたので良しとしますと自分に言い聞かせます(笑)

プロショップオオツカ・トラウト部門 ネット通信販売 ブログ写真 2017/10/20

プロショップオオツカ・トラウト部門 ネット通信販売 ブログ写真 2017/10/20

プロショップオオツカ・トラウト部門 ネット通信販売 ブログ写真 2017/10/20

プロショップオオツカ・トラウト部門 ネット通信販売 ブログ写真 2017/10/20

プロショップオオツカ・トラウト部門 ネット通信販売 ブログ写真 2017/10/20

プロショップオオツカ・トラウト部門 ネット通信販売 ブログ写真 2017/10/20

同じ川でも色んなヤマメ模様が楽しめた一日でした。

タックル:EXC-510UL カーディナル3(ヤマワークスチューン) バリバスプロトPE0.4号 バリバスプロトリーダー1.5号

ボウイ50S 蝦夷50SファーストTYPEⅡ 蝦夷50SDEEP 山夷50STYPEⅡ ハッスルトラッド502 カデンツァアマティ50S STワークスミノー

 

 

 

2017 Sweet Stream VOL12

熊谷店 内藤

一部を除いてすっかり禁漁になってしまいましたね。

 

もぬけの殻状態の人が多数出て居ることと思われます。

 

さて私の更新は今回を入れて4回ほどございます。

 

どうか最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

ということで時は9月12日雨まじりの中ロングドライブ。

 

今回は珍しく大分前から照準を定めておりました。

 

ここはほぼイワナがほとんどですが稀にヤマメが釣れるレベルではあるものの、その稀に釣れるヤマメがとてつもなく良いヤマメだったりします(確率は薄いけど)

 

そんなヤマメちゃんに会いたくて。期待と不安を抱きながら(大賭けという方が適切かも)川に向かうのであります。

 

雨の影響を受けつつも、何気に川は良い状態。

 

これはとんでもないのが出るんじゃないか!?

 

淡い期待だけがパンパンに膨らんで行きます。(その川で良いヤマメを一度でも釣るとイメージが群と上がるから恐ろしい)

 

幸先良く開始まもなく直ぐにヤマメがヒット!!

 

これはいけそうな予感が漂い始めるも思うように続かない。とにかく水が高く攻めるのにいつも以上に時間を費やしてしまいます。

 

それでもたまにチェイスやヒットするのはイワナが多いです。

 

前回と同じ展開でイワナの中にドカンと一発!!ヤマメあるんじゃないの!?

 

という気持ちで大分引っ張れて気がつけば午後を少し回ったところまで。

 

途中退渓点もなく・・・・・雨はさらに激しさを増し。敗色濃厚状態・・・・・・

 

敗因はわかってます。雨で水が高くなるの分かってたからそこまでの勝負をいかにきっちり決めるかです。

 

余りの水の高さに山越えして以前より気になっていた沢は余りにもチョロチョロ過ぎて流石に竿を出す気にもなれず納竿となりました。

 

終わってみればヤマメは最初の1尾だけの貧果。

 

もしかしたら・・・・・もしかしませんでしたよ~

プロショップオオツカ・トラウト部門 ネット通信販売 ブログ写真 2017/10/13

プロショップオオツカ・トラウト部門 ネット通信販売 ブログ写真 2017/10/13

プロショップオオツカ・トラウト部門 ネット通信販売 ブログ写真 2017/10/13

プロショップオオツカ・トラウト部門 ネット通信販売 ブログ写真 2017/10/13

プロショップオオツカ・トラウト部門 ネット通信販売 ブログ写真 2017/10/13

プロショップオオツカ・トラウト部門 ネット通信販売 ブログ写真 2017/10/13

プロショップオオツカ・トラウト部門 ネット通信販売 ブログ写真 2017/10/13

 最後に気になった沢は余りにも小さ過ぎました・・・・・

 

タックル:イトウクラフトEXC-510UL カーディナル3BP(ヤマワークスチューン) バリバスプロトPE0.4号 バリバスプロトリーダー1.5号

ボウイ50S 蝦夷ファーストTYPEⅡ 蝦夷50S DEEP  イタチミノー雨羽50S  STワークスミノー mocha193プロトミノー

2017 Sweet Stream VOL11

熊谷店 内藤

 まだ少し残っているのでお付き合い頂けたら幸いです。

 

時を巻き戻して9月上旬。ここのところ大分身体が出来あがって来ました。

 

10時過ぎにちょい帰宅。11時には寝床。2時起床のパターンがルーティン的になってきましたが携帯のアラームにはいつも驚かされる。

 

やはり油断して暗いと深い眠りに入ってしまうんでしょうか!?一瞬睡魔に負けそうになりますが気力で立ちあがります。

 

もっとも強制ではないので朝まで寝てても良いんですけどね。

 

行きは高速帰りは下道という法則がこちらも出来あがりつつあります。

 

朝は現場までの勝負ですから間に合わないとどうしようない帰りはもう適当。夜中に着けば良いくらいの気持ちですよ~

 

さて前置きが大分長くなりましたが、先週と行くところはまるで違えど県も違えば地方名も違う。更に現場に付いて驚かされたのが先週と打って変わってまるで水が無し!!

 

今年はあまり渇水のイメージがなく、なんだか新鮮にさえ感じてしまう。けれどやはり渇水は辛いと直ぐに正気に戻ります。

 

さて山に入ると朝はひんやりと空気が立ちこめ少しずつ秋の気配が感じられる。

プロショップオオツカ・トラウト部門 ネット通信販売 ブログ写真 2017/10/06

プロショップオオツカ・トラウト部門 ネット通信販売 ブログ写真 2017/10/06

 特に今年は夏が涼しく秋が早まって色づいた魚に自然と期待が膨らんだアングラーも多いと思うんです。もちろん私も大いに期待してました。

 

さて開始1時間小さいヤマメのチェイスを3匹確認出来たのみ。渇水の影響と九月に入り人為的プレッシャーとのダブルパンチを受けているようです。

 

ということにしてもらっていいでしょうか(笑)

 

渇水の為パイロットルアーはバルサ蝦夷50S

プロショップオオツカ・トラウト部門 ネット通信販売 ブログ写真 2017/10/06

 かろじてバイトに持ち込めたのもこのサイズのヤマメ。ファーストフィッシュまで3時間を要する。(長かったなあ・・・・)

 

でも何処かに色付いたヤマメは居る。諦めず丁寧に打ち込んでいく。(打ち込んでいるつもりと言ったほうが適切かも)

プロショップオオツカ・トラウト部門 ネット通信販売 ブログ写真 2017/10/06

 先程のヤマメ同様渇水で底石が苔だらけで水が悪いのが良くわかります。

 

その後これ以上期待しても無理かなと早めの継投策、一つ山越えして先程の区間より水はあるものの・・・・・釣れてくるのはイワナばかり、やはり釣りたいのは僕の中では秋ヤマメ!!

プロショップオオツカ・トラウト部門 ネット通信販売 ブログ写真 2017/10/06

この流れでもイワナのみ・・・・・前はヤマメオンリーだった流れもいつからかイワナのみ。その後のポイントからも決まって8寸位のイワナが釣れるのみ。

最初は釣れて面白がってましたけど。やはり飽きてきちゃってね。欲ってほんと恐ろしいなあってつくづく思います。

 

ということでまたまた最初の川の更に上流区間に戻り(優柔不断)時間も大分経過してもう残りあとちょっとの時間しかないところでようやく2匹目のヤマメがヒット!!

 

やはり9月は小さいのしか釣れてなくても不意打ちでドカンと来ますから諦めちゃいけませんね~

 

というのも当の本人は途中からほぼ白旗宣言してましたが(笑)

プロショップオオツカ・トラウト部門 ネット通信販売 ブログ写真 2017/10/06

プロショップオオツカ・トラウト部門 ネット通信販売 ブログ写真 2017/10/06

プロショップオオツカ・トラウト部門 ネット通信販売 ブログ写真 2017/10/06

滑床の小さな深みにひっそりと身を寄せておりました。ひたすらヤマメを追い掛ければもしかしたらがあるかもですね。

もちろん。チーンの時も多々ありますから釣れた時の喜びは大きいですね!!

 

タックル:イトウクラフトEXC-510ULX カーディナル3BP(ヤマワークスチューン) バリバスプロトPE0.4号 リーダーバリバス1.5号

バルサ蝦夷50S ボウイ50S 蝦夷50STYPEⅡ STワークスミノー イタチミノー雨羽45S

蝦夷スプーン3.5g 

facebookpage

プロショップオオツカ高崎店

プロショップオオツカ川越店

つり具おおつか伊勢崎店

オリジナルロッド DUOスピアヘッドリュウキ特集 イトウクラフト特集SMITH PURE SPOON トラウト用シングルフック特集スプリームス エキスパートメッシュベスト

新入荷商品

Please wait

個カートに入れました。

Added items.